らくだ丸の徒然日記

基本は資産運用の結果&考察メモブログ。あとは仕事とプライベート、資格勉強、時事ネタ等を雑記的に更新していきます。

【トレード戦績記録2020】6/8-6/12

【結果】

証券口座総評価額

285.9万(2020.6.12時点)

先週比▲19.5万(元本比+▲14.1万)

 

【ハイライト】

 

 ×

WTI原油ETF(1671) 1000株  858円(持ち越し)→771円(持ち越し) ▲8.7万

 

 

 先週のインバースETF投資が1週早かったという結果に。いやー、外しますねぇ。

次のための糧と思って日々精進するしかないなぁ。

 

原油ETFについては、中長期的には原油価格が持ち直すという固い信念のもと、保持する予定。

 

 

【次週に向けて】

 

先週の反省を活かしドンと腰を据えてしまった結果、ついに再度元本割れを起こしてしまいました。NYダウも先週末下落&本日東京の感染者数が50名近くまで伸びており日・米共に第2波が足元に迫ってきているという不安感があり。週明けはもう一段下がってもおかしくないですね。

 

 

そういえば、先日ついに特例給付金が入金されました。

 

当初、「収入が大幅に下がった人に対して30万円給付」という方針が、「全国民一律10万円」にいつの間にか路線変更となったこの政府施策。

結果的にらくだ丸家は恩恵を受けた形になりました。

 

「本当に困窮している世帯に対して多めに給付すべきだった」という声もある一方で、他業態ほどまでは行かなくとも、私の勤める会社もボーナス減となっている現状や、まめ子の保育園入園延期に伴いごぼ子が復職ができていない(結果的に収入減)状況を見るに、やはり我が家でも少なからず影響はあったわけで。

 

大事に使おうと思った今日この頃。

 

 

【トレード戦績記録2020】6/1-6/5

【結果】

証券口座総評価額

305.4万(2020.6.5時点)

先週比▲1.9万(元本比+5.4万)

 

【ハイライト】

セラク(6199) 900株 984円(買)→1,018円(売) +3.0万

ANA(2396) 100株 2,599円(持ち越し)→2,854円(持ち越し) +2.5万

 

 ・セラク

利確した後に更に上昇し1,030円台に到達している悔しさはあるものの、1週間以内という短期間で利益を上げることに成功したので良しとする。

 

×

インバース型ETF (※) ▲7.7万

※インバースETFとは;

ざっくり簡単に言うと、「指標が下がると価格が上がる」ように設計された金融商品。日経225平均を対象にしたもの、TOPIX平均を対象にしたものなど様々な銘柄が存在。

 

つまり、今週は株価が下がると予測し、インバースETFに手を出したことが結果的に裏目に出たために資産減となった。

 

悔しい。

 

・・・と言っていても始まらないので、元本を割らずに週末を迎えただけ良しとして、気持ちを切り替えて次に備えたい。

 

 

【次週に向けて】

 

もう一度自分の中で整理したいのが、

この先1週間の間「日経平均が下がるのか、上がるのか」という点。

インバースが外れてコロっと態度を変えたと思われても仕方無いが、上がるという予想で構えておこうと思う。

・6/5に発表された米国雇用統計指標の改善

・欧州追加金融緩和

・市民デモで懸念される香港市場も堅調

という先週後半の海外での環境が主な理由。

国内も、東京は週末の人手が急速に増え始めている。だからというわけではないが、警戒の心は持ちつつも、期待や楽観的な心理を反映する相場になるのでは、と考える。

【トレード戦績記録2020】5/25-5/29

【結果】

証券口座総評価額

307.3万(2020.5.29時点)

先週比+11.4万(元本比+7.3万!!)

 

【ハイライト】

楽天(4755) 400株  973.5円(買) →1,017円(売) +17,400円

セラク(6199) 200株 975円(買)→1,035円(売) +12,000円

ソフトバンクグループ(9984) 100株 4,600円(買)→4,702円(売) +10,200円

 

いずれも5/25週中に買い、利確したもの。

楽天

先週以前に先行して1,000円付近に到達していたところから下げており、日経平均が上昇基調の中「別に売り材料なくね?」と押し目買いのつもりで購入。

結果1,020円のところをピークに本日時点でまた976円まで戻ってきているため、1,017円売りは良いタイミングだったと言える。楽天UN-LIMITへの期待と不安の情報、楽天PayのSuica発行開始など売り買い材料が入り混じっている中、次回決算情報の公開までは今後も950円~1,100円付近でのもみ合いを予想。週明け始値も960円~970円程度であれば積極的にエントリーしていきたい銘柄。

 

セラク

IT関連銘柄の企業の一角。スマート農業関連に力を入れており是非とも応援したい銘柄。週前半で一度利確したが、これも楽天同様また週後半で1,000円を割ったため、実は今986円×900株で持ち越している状況(ちょっとやり過ぎたかな・・・)。来週も引き続き注視。

 

×

ANA(2396) 100株 2,396円(買)→2,599円(持ち越し) +20,300円

 

神戸物産(3038) 100株 5,205円(買)→5,470円(売) +26,500円

 

ANA

かれこれ2019年初頭から持ち続けているため全体としては未だに▲14万くらい。。。緊急事態宣言解除により今週大幅上昇したものの、自分としてはほったらかし株投資の猛反省銘柄としてしばらく保有していく所存。

神戸物産

5/11に買って辛抱の末に売れた銘柄ではあるものの、本日時点で5,580円まで上がっており少し早く売り過ぎたかなぁという後悔も残る銘柄。100株あたり必要資金が大きいため次週以降しばらくエントリーできないと考えているので、短期的にはこの5,600円付近がピークだったと信じたい。

 

【次週に向けて】

今週は結果的に緊急事態宣言全面解除による上昇基調が優先し続けた相場だったように思う。波に乗り切れたとは言い難いものの、10万超の資産増かつ元本(300万)超えを達成したため少し自信を回復できた。

福岡や東京でクラスター感染が複数発生しており経済活動再開への影響が懸念されるニュースが続いている。今週は空運、海運、不動産系など株価回復の出遅れ銘柄にスポットが当たっていたが、次週は再び医薬品関連中心に注目が当たるのでは、と考える。

 

 

【トレード戦績記録2020】5/18-5/22

 

【結果】

証券口座総評価額

295.9万(2020.5.22時点)

先週比+9.3万(元本比▲4.1万)

 

【ハイライト】

リコー(7752) 600株  723円(買) →758円(売) +21,000円

エムスリー(2413) 100株 4,045円(買)→4,185円(売) +14,000円

ソフトバンクグループ 400株 +26,350円

いずれも3営業日以内に買→売で利益確定。

 

×

BASE(4477) 100株 3,975円(買)→3,825円(売) ▲15,000円

連日ストップ高の勢いそのままに「もしかして今日も・・・?」という気配を見せていたため買ったところ、まさかの天井価格だったという、、、

その後みるみる株価も下がっていき、5.25終値で3,280円。本日時点までもし塩漬けにしていたら約▲70,000円になっていたことを考えると、むしろ損切りしたこと自体は好プレーだったと言える。

 

【次週に向けて】

緊急事態宣言の全面解除の報道も受け、本日(5.25)は株価が上昇しており、なんと現時点で元本(300万)超という節目を達成

とはいえ、ただでさえ「割高感アリ」とされているし、香港でのテロ報道もちらほら出始めているなど、マーケットが敏感に下げに転じるリスクも十分にあるため、あまり攻め過ぎずにほどほどの利益が出た時点で確定していきたい。

 

 

株取引の一喜一憂から卒業するには

 

どうも。らくだ丸と申します。

 

 

突然ですが、

株の取引って一喜一憂しちゃいますよね。

 

 

特に私のように、長期投資ではなく1日~1週間程度のスパンで売り買いをやるような人にとっては。

らくだのコブのように上がり下がりをする株価の推移を見ながら、

下がったところで買い、上がったところで売る・・・。

ただそれだけのはずなのに、底と思う値が底でなかったり、折角利益を確定したはいいものの気づけば更に上値をつけていて、もっと待ってればなぁと悔しい思いをしたり。

 

 

私は2016年、26歳の時に初めて某ネット証券の口座を開設し、10万円を元手に株取引をはじめました。

初めて買った銘柄は、今となってはツッコミどころ満載ですが東京電力でして。

ラクダのコブどころか水平線のようなチャートを日々眺めながらつまんねぇなとよく思っていたものです(決して企業のことを悪く言う意図はないです)。

一方で、ポケモンGoのリリースでうねり狂う任天堂の株価推移を指をくわえて見ながらも、信用取引をするほどリスクを取りたくなかった私は「結局、株式投資は元手がそこそこある人がやるべき」という結論に達し、早々と東電の株価を手放し証券口座からしばらく距離を置くことになります。結果は200円のプラス。なんとしょぼい。

 

 

2018年にごぼ子(嫁)と結婚した後に、ふと「貯金をそのまま銀行口座に寝かせておくのは勿体ない」と思い立ち、証券口座に再びログイン。元手100万円を入金したはいいものの、どこに投資すべきか大した研究はせず、「とりあえず旅行好きだし、飛行機乗るよね」という超安易な考えから優待目的でANA株を購入しました。(お気づきの方もいると思いますが、この選択がコロナ影響で悲劇を生みます。)

 

 

2019年にまめ子(娘)が誕生。この子がもう、可愛いのなんの・・・。

そして、月並みですが自分のライフステージが進んだ結果こう思うわけです。

 

そろそろマイホームについて考えないとなぁ。

 

SUUMOやライフルホームズを検索するわけです。そして私はこう思いました。

 

俺が住みたい物件、1億円くらいするんだけど・・・

 

 

ごぼ子は一応しばらくは共働きの予定で、ダブルインカムですが、

二人の給料だけでは厳しい

という現実に気づかされます。私が順調に出世して役員クラスになれば話は別ですが、役員出世前提でのプランニングは流石にまずいですよね。

 

 

というこで、「お金にも働いてもらうしかない」とようやく重い腰をあげ、2020年の年明けからANA株以外も物色し、2銘柄ほど買い付けました。「騰がってくれますよーに。」と願いを込めて。

 

 

コロナで暴落。。。

 

 

諦めません、勝つまでは。

一時期40万円くらいの損が出ていたのですが、追加で元手を200万円投入し

らくだ丸の戦いは始まりました。本日時点で286.6万円(元本比▲13.4万円)まで戻す大健闘。

日々ニュースと睨めっこしながら、いつしか投機的な取引スタイルに身を投じ始めた今日この頃なのですが、冒頭の「一喜一憂」の悩みに戻ります。

 

 

そして客観的に自分の取引履歴を見返すともはやギャンブルそのものなわけです。

ニュースを見て一応あれやこれや考えるのですが、結局は「勘」頼みであり、さしずめ自分の麻雀の打ち方とそこまで大差が無いです。

 

 

そしてこのスタイルだと自分に成長が無い。

せめて、たとえ結果想定外の結果だったとしても「●●円まで下がれば買い」「××円まで上がったら売り」と自分の言葉で確信を持って取引ができるレベルまでになりたいものです。

 

 

長くなりましたが、そういうわけで、このブログを、自分なりの企業分析のアウトプットの場として活用していきたいと考えてます。

しばらくはギャンブルと言われても仕方無い取引もしますが、いつしかきっと胸を張ってポチっとできるように・・・。

 

 

とはいえずっと企業分析ばかりしていても疲れるので、資格勉強のこととか、他仕事やプライベートの雑記的なことも書いていこうかと思ってます。

 

 

 

よろしくお願いします。