らくだ丸の徒然日記

基本は資産運用の結果&考察メモブログ。あとは仕事とプライベート、資格勉強、時事ネタ等を雑記的に更新していきます。

株取引の一喜一憂から卒業するには

 

どうも。らくだ丸と申します。

 

 

突然ですが、

株の取引って一喜一憂しちゃいますよね。

 

 

特に私のように、長期投資ではなく1日~1週間程度のスパンで売り買いをやるような人にとっては。

らくだのコブのように上がり下がりをする株価の推移を見ながら、

下がったところで買い、上がったところで売る・・・。

ただそれだけのはずなのに、底と思う値が底でなかったり、折角利益を確定したはいいものの気づけば更に上値をつけていて、もっと待ってればなぁと悔しい思いをしたり。

 

 

私は2016年、26歳の時に初めて某ネット証券の口座を開設し、10万円を元手に株取引をはじめました。

初めて買った銘柄は、今となってはツッコミどころ満載ですが東京電力でして。

ラクダのコブどころか水平線のようなチャートを日々眺めながらつまんねぇなとよく思っていたものです(決して企業のことを悪く言う意図はないです)。

一方で、ポケモンGoのリリースでうねり狂う任天堂の株価推移を指をくわえて見ながらも、信用取引をするほどリスクを取りたくなかった私は「結局、株式投資は元手がそこそこある人がやるべき」という結論に達し、早々と東電の株価を手放し証券口座からしばらく距離を置くことになります。結果は200円のプラス。なんとしょぼい。

 

 

2018年にごぼ子(嫁)と結婚した後に、ふと「貯金をそのまま銀行口座に寝かせておくのは勿体ない」と思い立ち、証券口座に再びログイン。元手100万円を入金したはいいものの、どこに投資すべきか大した研究はせず、「とりあえず旅行好きだし、飛行機乗るよね」という超安易な考えから優待目的でANA株を購入しました。(お気づきの方もいると思いますが、この選択がコロナ影響で悲劇を生みます。)

 

 

2019年にまめ子(娘)が誕生。この子がもう、可愛いのなんの・・・。

そして、月並みですが自分のライフステージが進んだ結果こう思うわけです。

 

そろそろマイホームについて考えないとなぁ。

 

SUUMOやライフルホームズを検索するわけです。そして私はこう思いました。

 

俺が住みたい物件、1億円くらいするんだけど・・・

 

 

ごぼ子は一応しばらくは共働きの予定で、ダブルインカムですが、

二人の給料だけでは厳しい

という現実に気づかされます。私が順調に出世して役員クラスになれば話は別ですが、役員出世前提でのプランニングは流石にまずいですよね。

 

 

というこで、「お金にも働いてもらうしかない」とようやく重い腰をあげ、2020年の年明けからANA株以外も物色し、2銘柄ほど買い付けました。「騰がってくれますよーに。」と願いを込めて。

 

 

コロナで暴落。。。

 

 

諦めません、勝つまでは。

一時期40万円くらいの損が出ていたのですが、追加で元手を200万円投入し

らくだ丸の戦いは始まりました。本日時点で286.6万円(元本比▲13.4万円)まで戻す大健闘。

日々ニュースと睨めっこしながら、いつしか投機的な取引スタイルに身を投じ始めた今日この頃なのですが、冒頭の「一喜一憂」の悩みに戻ります。

 

 

そして客観的に自分の取引履歴を見返すともはやギャンブルそのものなわけです。

ニュースを見て一応あれやこれや考えるのですが、結局は「勘」頼みであり、さしずめ自分の麻雀の打ち方とそこまで大差が無いです。

 

 

そしてこのスタイルだと自分に成長が無い。

せめて、たとえ結果想定外の結果だったとしても「●●円まで下がれば買い」「××円まで上がったら売り」と自分の言葉で確信を持って取引ができるレベルまでになりたいものです。

 

 

長くなりましたが、そういうわけで、このブログを、自分なりの企業分析のアウトプットの場として活用していきたいと考えてます。

しばらくはギャンブルと言われても仕方無い取引もしますが、いつしかきっと胸を張ってポチっとできるように・・・。

 

 

とはいえずっと企業分析ばかりしていても疲れるので、資格勉強のこととか、他仕事やプライベートの雑記的なことも書いていこうかと思ってます。

 

 

 

よろしくお願いします。